税理士の仕事って?

税理士さんって割と身近な存在だと思うのですが、いまいちどんな仕事をしているのかわかりませんよね。
税金の「税」という字がついていますので、税金関係の仕事をしているというのは、イメージできると思います。
税理士の仕事の一つに、企業や個人事業主などの会計を代行したり、節税のためのアドバイスをしたりすることがあるそうです。
また、確定申告などの申告書を作成することも、主な仕事です。
贈与税や相続税の申告の代行を行うこともありますし、節税対策や納税対策を行ったりもします。
担当顧客は、主に中小企業が多いみたいですね。
中小企業にとって、節税対策を含む税務面はデリケートな問題です。
少しの差で利益に差が出てしまいます。
そのため、税理士は企業のパートナーとして、税務面から顧客をサポートするのです。
企業には、時々税務署の監査が入ります。
そんなときも役に立つのが税理士です。
顧客の主張を通しやすくするために動くことも、税理士の大切な仕事です。
中小企業にとって、税理士は無くてはならない存在だと思います。
普段あまりお世話になることは無いかもしれませんが、名前だけは身近な存在の税理士。
お世話になれる事務所を一つ持っておくと、意外と助かるかもしれませんよ。