骨格矯正と骨盤矯正の違い

インターネットで骨格矯正を検索すると骨盤矯正についての記事がたくさん検索されるので、骨格矯正と骨盤矯正って同じような意味なのかなぁ?
気になったので骨格矯正と骨盤矯正の違いを調べてみましたが、部分的に見るか、全体を診るかの違いになるそうです。
骨格が歪んでしまうと身体に悪影響がおこるため、骨格矯正や骨盤矯正によって歪みを治して健康へと導く治療法になります。
人間の体を家に例えてみると、骨盤は土台にあたり、脊柱柱にあたります。
土台の歪みを矯正すれば柱もまっすぐになるというのが骨盤矯正の考え方ですが、もっと全体を診た治療を行うのが骨格矯正になります。
顔の歪みやずれを改善するには骨格矯正で、食事をする時にいつも片側だけで物を噛んだし、頬杖をつく、左右のどちらかに重心をかけて立つというようなクセがある人は顔が歪んでいるかもしれません。
何気ない生活習慣の積みかさねによって、顔や身体に左右差が生まれてくるので、歪んでしまいます。
顔や身体が歪んでいるかもしれないと感じたら、一度骨格矯正を受けてみるといいでしょう。