弁護士はきちんと秘密を守ってくれるのか?

弁護士に相談する内容は、非常にプライベートな内容になるため、秘密を本当に守ってくれるのか不安を感じるかもしれません。
では本当に弁護士は、話した内容を秘密として守ってくれるのでしょうか?
ここでポイントになってくるのが、「守秘義務」というものです。

弁護士は、依頼者と正式に契約を結んでいるかいないかに関わらず、弁護士として知り得た情報を守る必要があります。
これを守秘義務と呼んでおり、これは法律によって定められている事であるため、弁護士が秘密をばらしてしまうなら、弁護士自体が法律違反をすることになります。

ですから弁護士に相談する時には、秘密がバラされてしまうのではないかと心配する必要はありません。
守秘義務はなんのためにはあるのでしょうか?
弁護士にとって、最大の武器となるのは情報です。
依頼者からの情報が多ければ多いほど、弁護士の弁護はより強力になります。

逆に言えば、弁護士に与える情報が少ないなら、弁護士は満足に働くことができなくなってしまいます。
ですから少しでも多くの情報をくださいという事で、弁護士の守秘義務というものが存在しているわけです。